ホッパブリッジ

 長径の木材が投入され、ホッパ内部に橋をかけたように詰まることで発生します。
 通常はブリッジ解除装置によって解除を行いますが、それでも解除できず、長時間ブリッジ状態が続くと、ごみを供給することができず、焼却炉を緊急停止する必要が生じます。