HOME > 各種情報 > 予算・決算等 > 泉北環境整備施設組合の財務書類について

泉北環境整備施設組合の財務書類について

はじめに
 泉北環境整備施設組合では、平成28年度決算から従来の官庁会計の仕組みに複式簿記・発生主義という企業会計の考え方を取り入れた新公会計制度を導入しています。この度、期末一括仕訳に基づく平成28年度の財務諸表を作成しました。
 この複式簿記・発生主義に基づく財務諸表により、資産・負債などのストック情報や減価償却費、地方債にかかる利息負担などを含むフルコスト情報などを、市民のみなさまにわかりやすくお知らせできるようになりました。
 今後も市民のみなさまへの説明責任を十分に果たすため、会計の専門家の意見を伺いながら、職員研修を重ねるなど、新公会計制度に関する取り組みに努めてまいります。


・泉北環境の財務諸表
 1.財務諸表の構成
  財務諸表の構成と目的は次のとおりです。

財務諸表名 目       的
貸借対照表(BS) 決算日における資産、負債及び純資産の状態を明らかにします。
行政コスト計算書(PL) 1年間の行政活動に伴う費用と、その財源としての収入及び収支差額を表示し、市民等の負担と受益のバランスを明らかにします。
資金収支計算書(CF) 1年間の活動区分ごとの資金収支状況を表示し、現金(キャッシュ)がどのように増減したのかを明らかにします。
純資産変動計算書(NW) 貸借対照表における純資産の1年間の変動状況を明らかにします。
   
注            記 財務諸表作成のために採用している会計処理の原則及び手続並びに表示方法や財務諸表の重要な補足情報を記載しています。

※対象となる会計は、一般会計、廃棄物発電事業特別会計です。

 2.作成基準日
  平成29年3月31日
  ただし、出納閉鎖期間(平成29年4月1日~5月31日)の現金の出納に関する取引を含めます。

 3.財務諸表 4表の関係

財務.png

※貸借対照表の現金預金は、資金収支計算書の本年度末現金預金残高と一致します。
※貸借対照表の純資産は、純資産変動計算書の本年度末残高と一致します。
※行政コスト計算書の本年度収支差額は純資産変動計算書の純資産コストと一致します。
※貸借対照表の純資産のうち本年度増減額は行政コスト計算書の本年度収支差額と一致します。


平成28年度 財務書類 :   エクセルLinkIconspacer.pngspacer.pngPDFLinkIcon



スライド1.JPG

スライド1.JPG
スライド1.JPG
スライド2.JPG
スライド3.JPG
スライド1.JPG
sride (6).JPG
スライド4.JPG

スライド2.JPG
スライド5.JPG
sride (22).JPG
スライド7.JPG
スライド8.JPG

スライド3.JPG
スライド9.JPG
スライド10.JPG
スライド11.JPG
スライド2.JPG
sride (1).JPG
スライド20.JPG
sride (24).jpg

スライド9.JPG
スライド16.JPG
sride (23).JPG
sride (25).jpg

スライド6.JPG

sride4.JPG

sride9.JPG

スライド7.JPG