HOME > 組合について > 施設紹介 > 王子川都市下水路について

王子川都市下水路


信太山丘陵地の開発に伴い、急激な市街化による下流地域の浸水対策として、昭和44年、王子川都市下水路事業に着手し、14年の歳月をかけ、昭和57年に完成しました。最下流部は、綾園水門から2級河川新王子川に接続し、流下しています。

王子川都市下水路については、昭和57年の供用開始以降、適正な維持管理に努めてきましたが、下流の矢板護岸部が大阪湾の潮位の影響を受け、断面腐食が進んでいることから、改修計画(平成25年~28年度)に基づき、鋼矢板改修工事を実施し、地域住民の安全な生活環境を守る取組を進めています。


水 路 延 長 等



王子川都市下水路
王子川都市下水路