HOME > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴い、引き続き、直接搬入の抑制にご協力を!


新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、引き続き、直接搬入の抑制にご協力を!

 大阪府における新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言については、令和2521日に解除されましたが、泉北クリーンセンターでは、市民生活に必要不可欠な一般廃棄物処理事業を継続させるため、感染拡大防止策を実施するとともに、搬入される市民、事業者の皆さまの安全を確保するため、午後からのごみの直接搬入について、引き続き、下記のとおり取り扱うこととします。

<一般家庭の方へ>
⑴ 処分を急がないごみや少量のごみの持込をお控えいただきますようお願いします。
 また、お急ぎの場合は、各市の収集制度(粗大ごみ等)にて処分することもできます。
⑵ ごみを持ち込む場合は、マスクを着用してください。また、発熱、咳のある方や体調不良の方の持込は、ご遠
 慮願います。

<事業者の方へ>
⑴ 事業活動に伴い発生する事業系一般廃棄物は、一定期間保管いただくか、市の許可業者による搬入を検討願い
 ます。なお、産業廃棄物の搬入は、受け付けておりません。

※クリーンセンター内で感染者や濃厚接触者が発生した場合は、一時的に直接搬入の停止を実施する場合がありま
 す。


Q どうして、ごみ処理施設で感染防止対策をするの?
A ごみ(廃棄物)の処理は日々の市民の生活や経済活動を支える必要不可欠な社会インフラであり、常に安定的
 に業務を継続することが求められていることから、新型コロナウイルスによる事業停止を防止するため、感染防
 止対策を行っています。
 ※インフラ:産業や生活の基盤として整備される施設

Q どうして直接搬入を抑制しなければいけないの?
A ごみの直接搬入では、一日に多くの市民や事業者の方が来場することから、泉北クリーンセンター内での感染
 リスクを低減し、安定的な業務継続を確保するとともに、来場される搬入者の方の感染を防止するため、直接搬
 入を抑制させていただくものです。

市民の皆さま、事業者の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う
施設見学の受入れ中止について

 現在発生している新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、見学される皆さま方及び関係者の健康・安全面を第一に考慮し、当分の間、施設見学の受入れを中止することにいたしました。なお、施設見学再開については、国内の状況を見ながら判断いたします。
 再開については、ホームページにて案内いたします。
 見学のご予定をいただいた皆さまにはご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
 ご理解のほど、何卒よろしくお願いいたします。