HOME > 各種情報 > 環境事業に関する情報 > ごみの組成分析

ごみの組成分析


泉北クリーンセンターでは、年に4回、可燃ごみの組成分析を行っています。
組成分析とは、皆さんのご家庭や事業所から出された燃えるごみを「厨芥類」「紙類」「プラスチック類」など数種類に分類し、それぞれがどれぐらいの割合で含まれているかを分析することです。
どのようなごみが多く出されているのかを知ることは、ごみを減量する上でのヒントになり、また、清掃事業を的確に進める上でも重要なものとなります。


LinkIcon平成24〜28年度 分析結果はこちらをクリック

組成分析1


組成分析2

組成分析は、泉北クリーンセンター運営協議会の委員の皆さん立会のもと、専門業者によって行われます。